SDGs対応のテンセル™モダール素材のタオルを国内初導入します

2021/09/30
新日本ウェックス株式会社

SDGsへの注目が高まる中、国内リネンサプライヤーとしては初めてSDGs対応のテンセル™モダール繊維のタオルのサービスを開始します。テンセル™繊維は製造過程でも再生エネルギーが用いられているだけでなく、再生可能な木材から作られ、そして最後には完全に土に還るという、製造・使用・廃棄のすべての過程で自然環境に配慮しているタオルです。特殊な繊維で製造されたこの糸を今治タオルとして有名な愛媛県今治市でタオルとして織り上げられアスコット丸の内東京でサービスを開始しました。 当社では完全植物由来の優しい肌触り、吸湿性の高さを最大限に維持して宿泊客のもとへ何度でも心地よさを届けられるよう当社で品質をトータルに管理していきます。 当社はこれまでも社内工場での洗濯排水の再生や、省エネ活動、廃棄リネンを削減するため商品規格の統一化や、リネンの長寿命化の研究など、サスティナブルな取り組みを行ってきましたが、全世界で「持続可能な開発」が重視され、日本でもその動きが広がる中で取り組みを推進してまいります。

問い合わせ先 各地 営業部へお問い合わせください。当社ホームページ お問い合わせフォームもしくはフリーダイヤル(0120-111-181)でも承っています。

TENCEL™ 及びテンセル™はLenzing AG の商標です。

『再生可能な木材で作られ最後は完全に土に還る』繊維から作られたタオル

完全植物由来の優しい肌触りと高い吸湿性が特長