星のや東京

顧客本位の提案と、現状に甘んじず進化し続けるようとする企業姿勢に、パートナーとしての頼もしさを感じます。

ウエックスに感じているメリット

  • 柔軟性と機動力
  • 顧客ニーズを的確に把握した提案
  • 高品質で費用対効果の高いサービスを提供

星のや東京様は、皇居にほど近い大手町のオフィス街で和のおもてなしを世界に発信する、星野リゾート初の都市型滞在施設です。ウエックスでは、ベッドリネンをはじめとする客室用リネンを提供しています。

優れたコミュニケーションと費用対効果

2016年7月に開業した「星のや東京」は、進化した日本旅館として「塔の日本旅館」をコンセプトに星野リゾートが新たな挑戦を挑む滞在施設です。一緒に進化しながらサービスを築き上げていくパートナーを探していたときに、高級ホテルや旅館の確かなサービス実績を持ち、弊社への理解とニーズの的確な把握、誠実にきめ細やかな対応をしてくれたのがウエックスでした。
導入の決め手となったのは、こちらの意図を汲み、真摯に対応してくださる営業の方とのコミュニケーション。また開業に先駆けてサービスを開始した「星のや軽井沢」・「星のや富士」では、試行錯誤を繰り返しながらニーズを理解していただき、サービスのクオリティを上げて、コストパフォーマンスを向上できました。スケールメリットを感じ、サービスをお任せできると確信しました。

リネンで実現する和のおもてなしと心地よさを共に追求

「星のや東京」は、ホテルと旅館の違いをハード面とソフト面の両方で明確に打ち出し、日本旅館ならでは和のおもてなし、すなわち高いホスピタリティを形にしています。
その一つが、心地よさを追求した日本旅館にふさわしい、サイズが大きくても柔らかくて軽い今治のバスタオルです。外資系高級ホテルでは、バスタオルは大きく、厚く、重いのですが、その概念を変えたかったのです。数ヶ月に及ぶ使用テストを重ね、素材、質感、吸水性など納得がいく1枚に出会えるまで、ウエックスに根気よくカスタマイズしていただき、ベストと思えるものができました。また、外出可能な滞在時の着物を作る際には、運用管理がしやすいという視点で様々なアドバイスもいただき、あらゆる面で提案力の高さも感じました。

高いパフォーマンス誇る、日本初の最高級ベッドリネンの開発

居心地の良さへの探求は尽きず、ベッドリネンにも独自の視点でこだわりました。そこで、生地の質感、仕上がり感、肌触りすべてを兼ね備えた生地をウエックスと検討し、国産のスレッドカウント500本の生地を採用しました。一般的に外資系高級ホテルのシーツはスレッドカウント300本以上のシーツが使われていると言われています。この数値が高いほど生地にしなやかさや光沢が出てきます。
「星のや東京」では、シーツ、デュベカバー、ピローケースなどすべてのベッドリネンにこの生地を使用、これは、日本の宿泊施設で初めてのことです。
さらに、デュベカバーもベッドメイキングの時間削減のための独自仕様にし、実際に作業効率が向上しました。これはウエックスが蓄積したノウハウによるものだと思っています。
現状に甘んじることなく、いかに宿泊されるお客様の心をとらえ、日々納得のいくサービスを進化させていくか。一緒に新たな価値を創造し続けたいパートナーです。

お客様データ

星のや東京(株式会社 星野リゾート)

星のや東京(株式会社 星野リゾート)

その土地の魅力をラグジュアリーに体験できる
「星のや」の国内5施設目

URL:http://hoshinoya.com

撮影協力

星のや東京
〒100-0004
東京都千代田区大手町一丁目9番1